▼お薦めサイト一覧

頚椎ヘルニアの治療でお悩みの方は頚椎ヘルニア治療NAVIをご覧ください。

変形性膝関節症のことでお悩みなら変形性膝関節症専門サイトへご相談ください。

腰椎椎間板ヘルニアでお困りなら腰椎椎間板ヘルニア119番をご覧ください。

子供の自律神経失調症について

子供の自律神経失調症のお話ですが、実はこの病には子供でも大人でもあまり関係ありません。子供でも、条件が揃えばなってしまうのです。ではまずはこの病について簡単にご説明します。

今では自律神経失調症という言葉もだいぶ一般的になってきました。精神病と勘違いされることもあるのですが、自律神経失調症は体のバランスが崩れたために起こる、神経伝達の異常です。

失調症の名前についている自律神経というのは、自分の意志でコントロールできない機能を司っている部分です。心臓動かしたり、暑くなると汗をかいたりというのがわかりやるい例です。

この機能は、活発に活動する状態に身体を調整するための交感神経と、逆にゆっくりと休んで休息状態にするための副交感神経から成り立っています。

これを状況に応じて切り替えて、身体の調子を整えているのです。しかし自律神経失調症ではこの切り替えが上手くいかなくなってしまいます。

夜になって眠りたいのに身体が活発な状態になっていてまったく寝付けなかったり、起きて動きたいのに体は休息状態になっていて非常にだるいなどという症状が出ます。

これはほんの一例で、実際には頭痛やめまい、耳鳴り、動悸、酸欠、食欲不振や吐き気、手足の冷えやしびれなどなど。自律神経失調症が原因で起こる症状は体中の多岐に渡り、精神面でも不安定になったり集中力が低下する、イライラが収まらないなどといった症状が出ることがあります。

内容は個人差があり、特定の症状だけが強く出る人もいれば、様々な症状がかわるがわる、あるいは同時に現れる人もいます。

この自律神経失調症の原因には諸説あり、生活習慣の乱れや過度のストレス。また、体質や性格上ストレスに弱いとこの病になりやすくなります。

他にも、身体のバランスが崩れていると崩れたバランスをフォローしようとして変に力が入ったり、その影響で神経を圧迫したりすることがあるため、身体面の不調も自律神経失調症の原因になり得ます。

身体面の不調がさらに精神的な不安定やイラ立ちの原因になり、自律神経失調症を悪化させやすくなるという悪循環も起こります。

ひとつだけが原因と言うわけではなく、いろいろな原因が絡み合って起こるものなので、改善のためにはひとつずつ紐解いて解決していかなければなりません。

世間一般では、ストレスと生活習慣の乱れが主な原因と言われがちなため、大人の病と思われていることも多いのですが、実は子供でも自律神経失調症になります。

子供の場合、出産時に首や背中の骨に異常が発生したものの微細なものなので気付かれないまま成長した結果、子供のうちから体の自律神経失調症に悩まされるという事例もあります。

今は子供でも勉強や学校の人間関係など多くのストレスを抱える時代ですし、子供が外で遊ぶ習慣が減って運動量も減っていることから体が弱くなり、子供が体のバランスを崩しやすくなっています。

子供の体が弱くなると何故バランスを崩しやすくなるのかと言えば、骨や神経を支えているのは筋肉だからです。筋肉が弱れば骨がズレたり、骨がズレることで神経を圧迫したりと様々な影響が出ます。

また、現代では昔に比べて、子供が歩いたり走ったりすること時間も減っています。現代では車や電車などの交通機関も発達していますから、ますます子供が歩きまわる機会は減っています。

いくら成長期の子供でも、使わなければ発達しないしというのは当然のことで、使わなければ足裏の筋肉も鍛えられず、子供が身体を正しく支えるバランスを身に着ける機会も失われるてしまいます。

立つとき、歩く時、地面に接地するのは当然ですが、足です。この時、足が身体のバランスを調整する最も重要な役割を果たすのに、歩くことに慣れていない足ではこのバランスを取ることができず、足腰や上半身もそれに影響されてバランスを崩してしまいます。

この原理に、大人も子供も関係ありません。子供でも大人でも、体のバランスが崩れることは足のバランスが崩れていることでもあり、足は体を支える一番土台の部分であるため、足を放っておいてはこのような子供の体調不良を解決することなどできないのです。

特に子供の場合、身体が成長していく時期です。子供が健やかに一生を過ごすためにも、子供のうちに適切な対処を行うことは非常に重要なものになります。

お薦めサイト一覧

すべり症や治療のことでお悩みならすべり症治療NAVIへご相談ください。

脊柱管狭窄症でお悩みなら脊柱管狭窄症119番

五十肩の治療でお悩みの方は五十肩治療の専門サイトをご覧ください。

腰椎分離症でお悩みなら腰椎分離症119番をご覧ください。

新着情報

 2014年01月14日:自律神経失調症と分娩方法
 2014年01月14日:自律神経失調症の調整機能を鍛える
 2014年01月14日:自律神経失調症の予防
 2014年01月14日:胃潰瘍とストレスの関係
 2014年01月14日:野菜と健康食品
 2014年01月14日:飲酒がもたらす健康への影響
 2014年01月14日:紅茶の健康効果について
 2014年01月14日:お問合せ
 2014年01月14日:運営者情報
 2014年01月14日:ご質問