子供の自律神経失調症を治す会 » 急性期について

急性期について

五十肩には主に3つの病期、経過の段階があります。かかった方によって五十肩の治療期間はまちまちですが、必ずこの病期を辿ります。

また、このうち最も激しく痛み、運動制限も強い時期が、一番初めに訪れる急性期です。この時期はまず安静が第一です。関節の炎症が起こって、肩は熱を持ちます。

この期間については、短くても1ヶ月はあります。また長ければその倍は続きます。慢性期になれば多少の動作を試行することが大切になりますが、肩、そして腕などをできるだけ動かさないようにして、重いものを持つなどは禁忌として扱わなければなりません。

安静の基本的な方法として、三角巾があります。つまり腕を肩から吊って置く方法です。また寝ている状態では効果がありませんので、主に腕を固定するために身体に巻きつける方法が採られます。

また痛みを抑えるためには、薬物が効果的です。外用薬では湿布を貼ったり、また非ステロイド系の消炎鎮痛剤、より痛みがひどければ座薬も効果的です。

また、この時期は保令に努めなければなりません。なぜなら炎症が強く起こっているからです。冷すために、市販のアイスパックや、氷水を入れた枕などで代用してもいいです。使いやすい方法で保冷をします。

五十肩の急性期の対処法はほぼこのようなものが一般的です。また、急性期でも体操療法をすることもあります。安静が必要な五十肩の急性期ですが、癒着に対してはできるだけ早い対処が必要ですので、場合によっては体操療法を用います。

しかしやはり痛みが起こるまで行うのは絶対に勧められません。振り子運動などのミニマムな動作を繰りかえす方法に限られます。

五十肩の慢性期に入る前の段階はもっともシビアな段階で、期間も長く、特に仕事をされている方にとっては慣れない痛みで失敗や迷いも多くありますので、まずはしっかりした病院で治療を受け、信頼できる医師の適切なアドバイスを受けることが大切です。

また病院に行くまでは安静とアイシング、この基本をできるだけ守らなければなりません。