子供の自律神経失調症を治す会 » マンションで行う際の注意点

マンションで行う際の注意点

マンションをリノベーションするときはやはり、他との裁可をはかるためにデザイン性を重視していく傾向にあります。それが空室対策になり、ひいては利益に繋がっていくということで、それは当たり前なのですが、そこに大きな落とし穴があります。

それはマンションに置いてデザイン性は確かに大切なのですが、それによって居住性が犠牲になっていないかということです。マンションには必ず専有部分というのがあり、オーナーが勝手に工事をしてはいけない箇所があります。

これを無視して工事をすることはできません。ですから、工事前にはリノベーションの範囲というものを確認しておかなくてはならないのです。

さらにリノベーションで水回りの変更をするときは配管を変えなくてはならないときがあり、その手間はかなりのものになります。

こういった専有部分と共用部分との兼ね合いをきちんとしないままに工事をしてしまうと、見た目のデザインだけは良くても居住性が低いマンションになってしまいます。

デザイン性を保ったまま、居住性も上げるにはやはり、専有部分と共有部分でのできること・できないことをしっかりと把握したうえで、綿密な打ち合わせをする必要があるでしょう。