子供の自律神経失調症を治す会 » ブロック注射とは

ブロック注射とは

脊柱管狭窄症の保存療法の代表的なものに、ブロック注射があります。ギックリ腰や椎間板ヘルニアの場合は、1回の施術で痛みが軽快することも多いブロック注射療法ですが、脊柱管狭窄症の場合は病状にもよりけりです。

多くの方は数回で脊柱管狭窄症の改善効果が現れますが、数ヶ月以上かかるという例も珍しくありません。

このように、脊柱管狭窄症には確実性としては高くないにせよ、効果が現れたら、その後、数ヶ月以上、脊柱管狭窄症の治療がいらなくなるというケースも多くありますので、特に他の保存療法では効き目がなく、また手術をするほどでもない、という方には試してみて損はない治療法と言えます。

またブロック注射といえば今では専門のペインクリニックという施術場所が多くなり、専門のしっかりした技術を持つ医師も多くあります。ペインクリニックとは麻酔科の医師が担当する部門です。

診断方法は整形外科とほぼ変わりありませんが、治療についてはブロック注射が基本、または中心となります。症状が比較的軽いといううちに受診するのがもっとも望ましく、薬物療法や湿布、リハビリの指導なども行っています。

また、神経ブロックにも種類があり、その中で脊柱管狭窄症に効果が高いといわれるのが、選択的神経根ブロックです。

ヘルニアにも即効性が高いもので、施術後の疼痛の確認によって診断をするためにも用いられています。ブロックに成功した場合、痛みは消滅しますが、施術時の痛みが比較的大きいため、高齢者の施術には麻酔の工夫が大切です。

また神経根を損傷してしまう可能性もぬぐえませんので、しっかりした技術を持って処置されなければなりません。また、こちらも薬剤が病変部へ到達するためには高い技術が必要です。