子供の自律神経失調症を治す会 » 硬膜外ブロック注射について

硬膜外ブロック注射について

硬膜とは脊髄の近くにある膜で一番外側にある膜のことを言います。この膜はかなり固く脊髄を周りの組織から守っている大事な膜ですね。この膜にブロック注射を打つことで、一時的に痛みなどを無くす効果を与えるでしょう。

硬膜外ブロック注射をする場合は背中に注射をするので、背中に感染症や手術、血液の凝固を抑える薬などを投与している場合、また、頚椎椎間板ヘルニアの頭痛などが酷い人は、この硬膜外ブロック注射を受けることができませんので、注意してください。

予め医師と相談しておくのが良いでしょう。と言ってもキチンと精密検査をしてからやるので、問題は無いでしょう。

また、この硬膜外ブロック注射をしてもらった後に痛みがひどくなる場合があるので、入院する必要が出てくることがあります。だから、医師と相談して入院するかを決めましょう。

大体2週間程度治療をしていき、痛みが引くかを見ていき、問題ないようでしたら退院となるでしょうね。それまでは、体の負担にならないレベルで連続的に治療をしていきます。

硬膜は上記で説明したように、かなり重要なところにある膜ですね。これが破られたり、破損したりしてしまうと大変危険な状態になるでしょう。

例えば、脊髄や脳に直接ダメージが行く事で、体の機能が使えなくなったり、身体自体が動かなかったりする状態にもなるので、注意してください。だから、キチンと経験豊富な医師を探してくださいね。下手な医師に任せると、硬膜を破損させるので、注意しましょう。

硬膜外ブロック注射をしたからと言って、確実に病気が治るわけではありません。あくまでもこのブロック注射は、痛みを和らげて行く注射なので、期待通りの結果がでないことも多々あります。

それに、治療方法が適切でない場合があるので、ブロック注射で効果が見られない場合は他の治療を試すことをオススメします。その場合は医師と話し合って、良い治療方法を見つけましょう。

五十肩の急性期の対処法をご案内しています