子供の自律神経失調症を治す会 » 外壁塗装と茨城県

リフォーム

外壁塗装と茨城県

茨城県で外壁塗装をするといっても、技術的な様々な選択肢があります。光触媒ハイドロテクトコートは、サニタリー業界でトップシェアのTOTO、そして特殊塗料メーカーのオキツモが開発した光触媒塗料です。

防汚性や防カビ、防藻やセルフクリーニング性能、また有害物質分解機能にもすぐれ、15年以上の耐久性を持つ塗料で、従来型の塗料では全く考えられないような高機能と言われています。

特に環境配慮にすぐれたこの材は、個人住宅向けとしても今後スタンダードとなり得る外壁塗装の塗料としてお勧めです。

アステックペイントは、紫外線の量が日本に比べて3倍もある、オーストラリアで生まれた塗料です。日本でも年々暑さが増している中、省エネ効率が高く、遮熱性や防水性にも優れたものです。

100年住宅、つまり100年持つ家づくりをコンセプトとするアステックペイントは、カラーリングも優れていますが、住宅や建物の保護性能を重点にとらえて開発された塗料であるため、生涯的なコストを抑えることも充分に期待できます。

耐久性や快適性の高さ、暑さや水・湿気、紫外線やカビ、汚れなどの脅威から住宅を守って、外部の環境にも優しいという特徴を持っています。

アステックペイントはダートガードテクノロジーを採用し、かなり長期間、汚れから建物を守ることができます。

これらの他にも、一般には10年程度の耐久性が期待できる外壁塗装の限界を押し上げ、20年は持つような外壁塗装を自社開発している業者もあります。

一般的な外壁塗装に比べ長持ちさせることができ、また仕上がりも美しくなる、高性能の外壁塗装を使用すれば、長い目で見ればそれだけコストを下げることができます。

外壁材には、モルタルに代表される、湿式工法ものと、サイディング等の乾式工法のものがあります。これらはその素材や立地条件などによって、その点検すべき時期も異なりますが、約3年から5年おきに汚れやカビ、色褪せや色落ち、また反りなどをチェックするのが理想です。