子供の自律神経失調症を治す会 » 漢方整体について

漢方整体について

漢方整体とは、一言で言えば中国式、の整体術です。中国に存在していた漢の国では、推拿や漢方薬の研究が盛んで、自然治癒力を高めるための漢方整体の基礎を築いたといわれています。

日本で言えば筋肉調整と骨格調整のどちらも取り入れた整体、経絡やリンパなど、あらゆる漢方の技術が詰め込まれています。また日本の整体は漢方整体術を様々な形へとアレンジしているところが多くあります。

漢方整体では筋肉をほぐしたり、経絡と呼ばれるツボの流れを刺激し、自然治癒力を高め、またリラクゼーションを与えます。

坐骨神経痛の痛みによる歩行困難や、ひどい肩凝りや頭痛、腰痛、またO脚による膝の変性、重症のアトピーなど、病院で治療を受ける場合も多い疾患にも対応する治療法です。

ツボ、経絡などに沿って身体を圧することで、背骨や骨盤のずれ、歪みやねじれなどの症状を調節していくことが可能です。

また痛みや痺れなどの症状にも、筋肉の張りや神経に残っているしこりをほぐし、血行とリンパの流れを調整することで、痛みの解消以上に高い効果を得ることができます。

一般に筋肉にアプローチする整体をソフトなタイプ、また骨を多少鳴らすようなタイプはハードと分けれています。また漢方整体も骨格にアプローチしますが、痛みはほとんどありません。または症状によっては痛みが出る場合もありますが、患者に必ず確認してから施術をします。

また足反射区療法、つまり巷でも人気のリフレクソロジーも施術します。身体のあらゆる部位に対応するといわれる足裏にあるツボを刺激することで、より軽快な動作を得ることができます。

漢方整体は古くからある施術法です。またもちろん純粋にその方法論を用いていくところも多くあります。

国家資格としては認定されていない整体ですが、もし受けたみたいというならば、本場中国式の漢方整体は特にお勧めできます。軽度の肩凝りや腰痛にももちろん適切です。より症状を起こしにくい状態を維持することができます。