子供の自律神経失調症を治す会 » 椎間板ヘルニアと腰痛について

椎間板ヘルニアと腰痛について

腰痛の原因として、腰椎にある椎間板の病気、椎間板ヘルニアがあります。椎間板ヘルニアとは、もともとあるべき場所から逸脱してしまうことを意味します。

つまり、椎間板の中にある髄核という組織が、椎間板の外側である繊維輪という組織の外へ飛び出してしまうのが、腰椎のヘルニアです。

また普通は椎間板の後ろ側に飛び出します。このことで神経根を圧迫する場合が多く、腰痛も激しいものですし、痺れなども起こります。

椎間板ヘルニアの腰痛のタイプとしては2種類があります。ぎっくり腰のように急性的に起こる場合と、痛みが増してくる場合です。ぎっくり腰として発症する場合は、椎間板の中身が出なくても外側の繊維輪にヒビが入った瞬間に激しく痛みます。

椎間板ヘルニアでは足が痺れたり麻痺することがあります。感覚の鈍り、知覚の鈍化もあります。また足の症状は椎間板の傷の場所によって違いがありますが、ほとんどの場合片側だけに起こります。

椎間板ヘルニアの原因は、まず加齢が考えられます。椎間板は10代の頃からすでに老化が始まっています。また徐々に老化が進むと、やがて40代頃には椎間板ヘルニアの可能性が大きくなり、椎間板が変性したり、筋肉や靭帯なども弱まってくると、椎間板にかかる圧迫が異常になってきてつぶれてしまうのです。

ぎっくり腰のように重いものを持ったり、スポーツで体幹を激しく捻ったりした場合に急性症状が起こる場合が多く、特に中高年の方は突然激しいスポーツをしたりしないようにし、もしスポーツをする場合は柔軟体操などを行ってからすることが大切です。

椎間板ヘルニアは完治がとても難しい病気です。まず保存療法を試行し、そのまま改善する場合もありますが、ヘルニア自体はまだ突出が続いている場合もあります。

またマクロファージと呼ばれる体内の活動によって侵食されるとも言われますが、可能性はそれほど高くはありません。また手術をしてもヘルニアを取り除いたり、神経圧迫を軽減させるための処置に他なりません。