子供の自律神経失調症を治す会 » マッサージについて

マッサージについて

五十肩になると、特にかかり始めは痛みも大きく、我慢できないという場合が常です。できるだけ安静にして、痛みが起こるような動作を制限しなければなりません。

しかし、仕事を休むわけにはいかない、という場合も多く、その場合はブロック注射などの麻酔を打ったり、アイシングをしたり、腕を吊りながら仕事をされる方も多いようです。

五十肩の痛みには、マッサージも効果があります。しかし、激しい痛みのある場合に直接肩や腕をマッサージするということではなく、ツボを刺激する手法が多く用いられています。つまり、肩や腕の近くではなくても、五十肩に効果のあるツボはありますので、それを刺激することで、症状が改善したり、治まる可能性があります。

一般に、右の肩が五十肩になっているという場合は、右の足にあるツボが有効なようです。そして左には左、という風に状態によって使い分けていきます。

足の指の付け根にもツボがあります。人差し指から小指にかけてをくまなく揉むだけでも効果があります。足の裏の小指と薬指の間のあたり、わずかに下方にずれたところは五十肩のツボと言われています。これをよく揉めば、五十肩の痛みが大分軽減されます。

このような方法は五十肩の治療のためにも、また予防のためにも良い方法です。足ですので一人でも行うことができますので、日頃かから時間を取って継続させることで高い予防効果を発揮します。

またツボによっては強く刺激しすぎると逆効果になることもありますので、適度な強さを意識することも大切です。五十肩で直接肩を刺激するということもありますが、ほとんどは慢性期が過ぎて状態も良好だと判断されてからのことです。

また慢性期でも痛みが引いたばかりの時や、たまにぶり返すことがあるという時期にはやはり直接のマッサージは厳禁と言えます。早期の治療を達成するためには、特にマッサージは逆行してしまう恐れも充分に考えられますので、実行する前に医師に相談しておくことも必要です。