子供の自律神経失調症を治す会 » 脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症でお悩みの方は、保存療法でも効果が期待できなくなり、重度の障害が出ている方々は、手術を検討され方が多いと思います。

脊柱管狭窄症の手術においての成功、失敗は執刀する医者の腕にかかっている場合がほとんどです。


しかし、脊柱管狭窄症の手術は一般的にそんなに危険度も高くなく、難しいものではないとされていますが術後の再発率が後を絶たないのが現状のようです。

ですので、今回は脊柱管狭窄症の名医と呼ばれるている医師を調べてみました。

まず、優秀な医師そ探す場合、脊椎に強い医師を探す事から始めることがポイントになるのではないでしょうか。

そしてその中で、自分の症状をきちんと把握してくれる、症状にあった治療をしてくれ、現在抱えている痛みの軽減~解消につながる、医者を見つける事が大切です。

セカンドオピニオンなどをつけることで、より自分の症状を把握しやすくなるので、そういったことも選択肢に入れてみると良いと思います。

何より、手術についてメリットもデメリットもきちんと話してくれる医者を見つけることが大事です。その点を曖昧にせず、はっきり伝えてくれる医者を探しましょう。

そうやって自分の症状をきちんと説明してくれる医者を探すことで、少しでも不安がなくなると思います。ですが、何度も言うようにそれなりのリスクと術後の再発率をよく考えた上で、受けるようにしてください。