子供の自律神経失調症を治す会 » リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違い

最近ではリノベーションという言葉を良く聞くようになりました。雑誌やテレビでもふとした時にこの言葉を聞いていから見ると、とても良い部屋が写されています。

しかしこうして見ると、リフォームではないかと考える人が居るでしょう。どちらも部屋を大幅に改装し、綺麗に修繕するという意味では確かに同じです。

そういった面から、リフォームと同じでないかと疑問に思う人も多いでしょう。ですがこれにはきちんと理由があって、リノベーションという別の名前がついているのです。

では一体、何が違うのでしょうか。リフォームは大きな設計改善していき組み立てていきます。間取りの位置を変更したり階段の位置を変更したりすることができます。

場合によっては一度破壊して再構築するようなやり方もします。家や部屋が古くなってきたので古くなった場所を直すなどのように修繕をすることを言います。

要するに古くなったから古くなったところを直しながら作っていきます。リノベーションは直すというよりも、作り替えるといった考え方をします。

古いものを活用しながら、新しく作り替える。そういった目的意識の違いから、別の単語が使われているのです。

日本では最近良く耳にするようになりましたが、発症はアメリカです。アメリカから入ってきたものはやはり日本でも流行るようです。

最近では、若い人を中心にとても人気が高まっていて、新築のマンションや住宅を購入するより、中古マンションやち中古住宅を購入して、リノベーションされる方が増えているようです。