子供の自律神経失調症を治す会 » すべり症とリハビリ

すべり症とリハビリ

すべり症と診断されると、たとえば体を動かすことが仕事であるスポーツ選手ならそのスポーツを、労働系の仕事を主とする会社勤めならその業務を休止、ないし制限してそれらへの復帰することに向けて治療を行なっていくことになるでしょう。

しかし、すべり症と診断たからといって、必ずしも安静だけが必要というわけではありません。すべり症を改善するためには、安静にしているばかりではなく、運動が必要になってくるのです。

とはいっても、診断された時点でのすべり症の状態にもよりますが、まずは安静にしてすべり症の痛みを落ち着かせることを優先します。運動療法的な治療、リハビリは、それを待って開始されることがほとんどです。

その内容としては、基本的に骨を支える周りの筋肉を鍛えたり、牽引療法だったり、低周波治療だったりと、意外と多岐にわたります。その中でも、特に筋トレは、骨を補助的に支えるための筋肉を作ることになるため重要だといえるでしょう。

今まで骨にかかっていた負荷を、その周りの筋肉で補助しようというわけです。また、これらは継続して行わなければ意味がありません。筋トレというものは、一朝一夕で効果が得られるというものではないからです。筋肉は、負荷を受けて傷つくと、より強くなって修復されます。

それを繰り返し行うことで、筋肉は強くなります。さらに、筋肉は使っていないと衰えていきます。学生時代は立派だった筋肉が、就職して運動しなくなると喪失していった、と言えばイメージしやすいでしょうか。

途中で気を抜いてトレーニングをやめると、筋肉が衰えていき骨にまた負担がかかってしまいます。リハビリ開始直後は痛みのないときに少しずつ行い、それを継続して行うことになるでしょう。

すべり症治療の中でリハビリに限ったことではありませんが、絶対に焦りは禁物です。「急がば回れ」ということわざにもある通り、無理はゴールを先延ばしにするだけです。

無意識に腰をかばう形ですべり症以外の別の疾患を併発してしまう可能性もありますから、皮肉な話ですが、ゆっくりじっくりが一番の近道なのです。