子供の自律神経失調症を治す会 » 定義について

定義について

リノベーションとは主に中古物件を買い、そのままの立地や外観などを活かし内装を自分好みのデザインや設備に作り替えることを指します。

それはつまり、リフォームと同じ意味合いなのではないか、という疑問を持つ方もいますが、リフォームは新築の時のような綺麗さと設備の修復を主体として、主に内装を元通りに近づくための修繕を目的としているのです。

なので、リフォームとの大きな違いは自分の好みの内装に作り替える行為か、もともとの内装を蘇らせるための行為かということになります。

確かにどちらの方法も、古くなった家の内装を美しくする効果はありますが、リフォームではそのような作り替えは出来ません。あくまでもリフォームというのは修復と復元という効果が主体になっています。

ですがリノベーションでは、今あるものを有効活用しながら、まったく新しく作り替えるという効果を主体としています。

どちらも建物を大幅改修するという意味では同じものですし、そのために、工事内容は同じような技術を用いられることがほとんどです。ただ、目的意識の違いが、このふたつの工事の大きな違いとなっているのです。