子供の自律神経失調症を治す会 » 脊椎すべり症

脊椎すべり症

脊椎すべり症は腰痛の慢性的な歪みの状態です。腰椎のすべりによって起きる脊椎の圧迫を脊椎すべり症と呼びます。

脊椎すべり症は特に中高年に多いもので、腰椎を支える筋肉や靭帯、椎間板等の組織が弱まることで腰椎が前方、または稀に後方へと滑ってしまう状態です。

脊椎すべり症では急激な痛みの症状は少なく、軽い腰痛と解される程度が主なため、そのまま放置してしまう場合が多く、その結果慢性的な痛みをもたらすことが多いようです。大体脊椎すべり症などと比べても、すべりとともに徐々に進行する代表的なものといえるでしょう。

脊椎すべり症での痛みの主な原因は神経の圧迫と筋疲労です。神経の圧迫は滑った腰椎が脊椎に触れたりする痛み、そしてそれによって慢性の痛みを生みます。

筋肉疲労については体の左右のバランスが取れなくなることで起こる歪みによるものです。また脊椎すべり症は坐骨神経痛に発展することが多いですが、その治療のためには、脊椎すべり症を治療する必要があります。

このように病気は原因をたどることが治療の第一歩である、ということができるでしょう。このように多くの病気の原因となる脊椎すべり症は、生活習慣や高齢化などによって椎間板や靭帯、筋肉などがその健全な状態を失うことで、支える力を失った腰椎が前方、あるいは後方へとすべっていってしまう症状です。

痛みが激しいというケースは稀で、言い表すのも比較的面倒である、と思われる場合も多いため、安静にしておく方も多いものです。

つまりこのことからはすぐに検査をする気をなかなか起こさせないもの、と言うことができるでしょう。その結果慢性化が起こり、また改善のための時間を長引かせてしまいます。

できればすぐにでも検査をしたほうがいい、ということはよく言われますが、忙しい方はついついそのまま放置してしまうこともあります。忙しければなおその症状は悪化をたどり、やがては痛みが悪くなって入院などをする必要性も出てきてしまいます。