子供の自律神経失調症を治す会 » 腰椎椎間板ヘルニアのテスト

腰椎椎間板ヘルニアのテスト

腰椎椎間板ヘルニアとは、背骨で大切なクッションの役目を担う椎間板が膨れたり中身が飛び出したりして、馬尾神経や神経根を圧迫し、その支配下にある下肢に痛み、しびれなどが現れる病気です。

腰椎椎間板ヘルニアでは腰の痛みもありますが、下肢の症状は痛みが大きく、これを坐骨神経痛と呼びます。このように、腰痛に伴って下肢の部位のしびれがあったり、臀部や太股の裏側に違和感があるという場合、まず、腰椎腰椎椎間板ヘルニアを疑うことが多くなります。

また、腰の痛みについては、前かがみの姿勢を取ると痛みは増します。診断において一般に用いられる方法が、腰椎椎間板ヘルニアの名医も必ず行うと言われている、ラセーグテストと呼ばれるものです。

必ず横になってから足を上げていき、痛みが走るかどうかを見ますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合は、足を上げている途中で坐骨神経の経路から大腿後側膝下に放散痛があるのが特徴です。

また、70度ぐらい上げた状態でも痛みがない場合は、腰椎椎間板ヘルニアの疑いはほぼ無く、それ以下の角度までのうちにある場合は、下位腰椎のヘルニア、または脊椎すべり症や横靭帯肥厚、脊柱管狭窄症なども疑われます。

また、腰椎椎間板ヘルニアが好発する四番目と五番目の腰椎の間か、五番目の腰椎と仙椎の間のものであれば、足首や親指を反らせる力が落ちることがありますので、実際に力を入れてみて正常かどうかをチェックします。

下肢の反射速度、反応の仕方などに左右で差が大きく現れないかもテストします。ヘルニアの神経圧迫が原因で、反射低下を起こすことがしばしばです。

腰椎椎間板ヘルニアが起きている椎間板の部位の特定は、これらの理学的なテストでだいたいわかります。足の痛みや痺れも、出現する場所はヘルニアの部位によって異なるからです。

これらの理学的なテストをした後で、画像テストをしますが、レントゲンでは、ヘルニアと、ヘルニア以外の症状の有無についても検査をします。そして最終的にMRIなどのコンピュータ検査を行って、症状が確定されることになります。