子供の自律神経失調症を治す会 » 巻き爪のフットケア外来

巻き爪のフットケア外来

深爪、巻き爪、陥入爪の関係を見ると深爪の繰り返しが巻き爪を発症させその巻き爪を放置すると陥入爪になるという構図が見えてきます。つきつめると「深爪」がすべての始まりになっています。

深爪をすると爪の左右両端が皮膚にくいこんでいきます。そのような状態を巻き爪といいます。

放っておくと、さらに皮膚にくいこんで痛みを感じたり、出血したりします。そして炎症を起こすようになったらそれは巻き爪ではなく陥入爪になっています。陥入爪は細菌感染をおこす場合もあります。

これらは、間違った爪の切り方や足に合わない靴などの日常の習慣が原因になっています。くいこんだところが痛いから切る、伸びればまた痛みがでるから切るを繰り返すうちに深爪が重症化していきます。

足の痛みは心身ともに健康を害し、また高齢者では自分で爪が切れなくなったりして爪のケアがきちんとできなくなって足の痛みが発症し痛いから歩かない、外へも出ないといった日々の暮らしにも支障が生じたりします。早期発見、早期治療を心がけましょう。

フットケア外来では巻き爪や陥入々の治療を受診することができます。治療の内容によっては保健がきかない場合もありますので治療を受ける前に確認をしましょう。フットケア外来で受けられる治療にはどんな治療方法があるのでしょうか。次に挙げてみました。

<超弾性ワイヤー式爪矯正>
一般的に行われる方法ですが、爪が2mm程度伸びていることが条件です。処置時間は数分で終わります。爪を普通に切る所に穴を開けてワイヤーを通すだけですので、日常生活に支障はありません。

VHO式爪矯正は主にドイツ式の巻き爪矯正法で、爪の先が伸びていない短い爪にも治療できます。他に陥入爪に対して行う処置としてガター法、アクリル人工爪法、フェノール法などが挙げられます。フットケア外来では靴の指導やインソールの作成など靴の指導に力を入れ、それをフットケア通信講座として受講出来るところもあるようです。