子供の自律神経失調症を治す会 » 野菜と健康食品

野菜と健康食品

野菜が嫌いな方は昔ほど多くは無いようです。今では美味しく料理されているものが豊富ですので、ほとんどいないと言ってもいいかもしれません。

また、もし今でも嫌いで口に出来ないという方がいらっしゃれば、残念ですが健康をいつかは害してしまうと言えます。野菜を採らないで肉類ばかり食べるのは、ほとんどの病気を自分から呼び込んでしまっていて、いつ健康を崩してしまうかわかりません。

一日の必要量は健康な大人で約350グラム、量にするととても多いです。つまり普通に採るとしたらお腹がいっぱいになり、仕事も手に付かなくなってしまう可能性もあります。

そのため加熱料理した分を多くするのが1つのポイントになります。また加熱することで消化吸収を助けます。また、健康サプリや野菜ジュースに頼っているという方も多いようです。

日本人にとっての野菜とは、昔はそれほど意識しなくても普通に採れているものでした。特に煮物、味噌汁には豊富に入っていましたので、量もそれほど採ってはいないのでは? と思っても実は充分に食べていたのですが、最近の食事はハンバーグや焼肉に添えてある小さなサラダのみ、という方も多くなっています。

代用となる健康食品といえば、やはり健康サプリメントですが、必要な健康栄養素には多くの種類があり、それら全てを健康サプリメントで補うとしたら、かなりの知識が必要です。

高いものは比較的多くの健康栄養素が含まれ、また一般的な値段のものの場合は1つでは不足しがちです。この健康サプリメントより効果があると思われるのが、野菜ジュースの類です。

青汁を始め、マルチな野菜の果汁を沢山詰め込んでレモン味で飲みやすくしたもの、など、普通のジュースとして飲用できるものも多いようです。食事にできるだけ多く取り入れることができればそれに越したことはありません。

とはいえ、いくら健康のためでも料理が苦手な方や、そもそも野菜が苦手な方には苦痛でしょう。そんな場合には、できる分だけ採るようにして、不足した分は健康食品やジュースで補う、というのがあまり面倒もなくいいような気がします。